意思決定のゴミ箱モデル

ガービッジカンモデルの備忘録答えはすでにある。

流れにまかせて

とりあえず入社して11日で1ヶ月が過ぎた。

今週23日は初任給だ。

 

給与もらえる程仕事はしてない。

相変わらず通勤距離との闘い。

相変わらず分からない用語との闘い。

相変わらず馴染めない人達との闘い。

 

今の所、定時の5時に帰れているが先輩方を

みると6時ぐらいまでは残業と少しの休日

出勤があるみたい。

綺麗事は言ってられない。

まず初任給いくら貰えるのだろうか。

採用案内通りかな。

 

4月から24時間フィットネスジムに入会した

以前から行っていた市営施設だと時間の制約

があったので4月無料の広告をみて勢いで

入会した。

 

今朝はコメダよりブログを書いているが

この後ジムに行く予定だ。

市営の場合だと10時まで待たないといけない

がこれで休みのロス時間が減る。

 

妻からは生き急いでいるの?と言われて

いるがその通りだ。

 

私は生き急いでいると思う。

しかし、この時間がたまらなく好きだ。

 

いま思い出したが今週は私の誕生日だ。

f:id:Zenyo:20210418065849j:image

ため息をつく事は悪い事だとは思わない。

 

 

ブラックバス釣りへ

昨日、今年初めての

息子とのバス釣りへ。

とりあえず結果から

f:id:Zenyo:20210404070603j:image

 

午前中に琵琶湖、湖北へ行き黄色

ボートを出したが手漕ぎでは遠くまで行けず

おまけに風が強く、舟を撤収。

この時期はプリスポーンで湖北では

沖のブレイクに魚がいるので陸上や

小さなボートではアクセスは無理だ。

 

彦根旧港へ、相変わらず人が多いなぁ

小バスを目視するも撤収。

 

野池へ来てメタルバイブを投げると遠くから

チェイスあり!

息子にチェイス後にすぐにワームを投入しろ

と言うと釣れた。

それが上画の魚でした。

記録43センチ。

 

坊主にならなくてよかった。

 

今週は疲れがピークで行く事を躊躇ったが

行ってよかった。

この日、20時半に就寝。

 

翌日(本日)、早朝のコメダより。

f:id:Zenyo:20210404070238j:image

(湖北出航前のようす)

計画的に生きた所で…。

5時の定時で帰り1時間半帰り道。

 

風呂に入り

食事した。

そこで思った。

無計画に生きたいな。

と。

 

でもよく考えたら計画的に生きてる

つもりだけで結局成り行きに

ある程度任せていたことに気づいた。

 

結局、計画的に生きたつもりが

結果無計画で生きていた事に気づいた。

 

f:id:Zenyo:20210330211433j:image

 

桜は毎年計画的に咲くね。

ウィスキーを片手にいつもの

公園で独り花見だ。

 

明日がまた来る。

桜が散ると悲しくなる。

また365日かかると思うと絶望を感じる。

 

人生が永久に続くように思える。

 

 

 

 

 

1週間通して

丸っと一週間出社した。

 

疲れた。

特になにもしてないが疲れた。

工場の構内を歩き、先輩について会議なるもの

に出たが専門用語ばかりで分からないし

愛想笑いしかできない。

 

ここにきて3年先輩の30才ぐらいの方が

3月頭に退職届けを出したようで事務所は

私の教育どころではなくなっていた。

彼は4月から教員になるようで夢を追って

の退職のようだ。

彼と同じ領域を担当する予定だったが

彼が抜けて素人の私だけでは仕事がまわらない

所かクレームだらけになる事は想像できた。

そこで上司が急遽、この領域の担当者になり

引継ぎでバタバタのようだ。

 

私はとこかく邪魔にならないようにしつつ

色々とメモして仕事を盗むスタイルになった。

 

私には想像力が足りないのだ。

通勤は1時間半。

分かってた事だがやはり遠い。

やったことない仕事。

分からない事がストレスになる。

ましてや知らない人達。

それもストレス。

全部分かっていて入ったはずなのに

嫌になってきた。ようはバカなんだ。

 

会社の駐車場で車をぶつけたし。

f:id:Zenyo:20210320073800j:image

 

なんのためにこんな思いをして生きてるの

だろうか。

もう辞めたい。人生を。

以前の会社のIさんがカラオケで歌っていた

歌を思い出した。平井堅ノンフィクション

 

この世(地獄)から逃げたくて。

 

あるサイトでお医者様が言っていた。

「自殺した人は天国に行きたかったわけじゃ

なく、この世の地獄から逃れたかったんだよ」

そうだと思った。

 

生きていてもお腹は空くし、風呂にも入りたい

死んだらそれでいいと思っていても

食べるし、寝るし、

死にたいはずなのに選択できない。

生に矛盾を感じる。

 

f:id:Zenyo:20210320074641j:image

平井堅 ノンフィクション)

 

もう終えてもいいだろ。

 

 

 

2日間出社してみて

11日より新たな仕事。

木、金と出社した。

 

初日は書類やらなんやら。

午後から先輩と、同行

2日目も少し書類、その後同行訪問。

 

先輩が相手方と話している横で聴いていたが

なにがなんだが専門用語ばかりで

全く分からず。

これは先が思いやられるな。

 

とりあえず土日休み。

 

ぐちゃぐちゃの頭を整理しないと。

 

一端の営業マンになるにはまだスタート地点

から1ミリ進んだだけだ。

しかし、一歩は一歩だ。

焦らず進もう。

これしか私の進む道はない。

これ以上家族に迷惑をかけるわけには

いかない。

 

事務所の中で黒い気持ちに襲われている。

なにもできない、分からない、

モヤモヤと、した気持ち。

逃げ出したい気持ち。

それを乗り越えるんだ。

 

今まで色々乗り越えてきただろと

自分を鼓舞して落ち着かせる。

 

今だけ分からないだけでお前なら

すぐに飲み込んでやれるさ。

これまで、やってきたじゃないか。

優秀営業マンはなにをどこで売っても優秀

であることを短期間で証明してみせるよ。

 

追伸

初日の昼間に携帯に電話があった。

前職の営業時代にお世話になったC社の

K社長からだった。その時は電話にでれなかったので、終業後電話した。

K社長は私の以前勤めていた事務所の近くを

通りかかったので元気にしてるか気になったの

で電話したとのこと。

このC社は私が退社してから取引はもう

してない。

K社長は個人的感情で電話してくれた。

また営業なら外回りついでにまた飯でも

行こう。遠慮はいらないよ。

と言ってくれた。

私を忘れないでいてくれる人がいると思うと

ありがたいです。

私のやってきた事は会社同士の取引を越える

ものだったんだと思った。

明日から新しい仕事

明日から片道1時間半かけて

新たな仕事が始まる。

 

始業が8時半だが明日は15分早く来て欲しい

と言われているので朝は6時半前には

出た方がよい。

 

明日からスーツ。

革靴は週末に新品を買ったよ。

シャツは着られそうな物を週末に全部洗った。

前々職はスーツだったが退職する半年以上前

からシャツとスーツは買ってなかったので

くたびれているシャツばかりだが費用ばかり

かけるわけにはいかないので靴のみ新品に

した。

次の仕事は長く続くのだろうかと考えて

しまう。営業といえども求人票から仕事内容

はザックリとしか把握できてないので

具体的に何をするのかは明日以降わかるだろう。

 

長く続けなくてはならない。

それが私の使命だ。

 

今日はスーツを出して明日起きたらすぐに

着られるように準備しよう。

 

今夜はカレーを作ろう。

明日からは家族に夕食を作る事はなくなる

だろう。

 

時々なにがどうなってここにいるのか

分からなくなる。

 

明日から新しい仕事。

定年までそこにいるのだろうか。

ある本でこう言っていた。

 

「1日は1週間より長い」

 

f:id:Zenyo:20210310092953j:image

(ビールのオマケについてたカレーを使う)

f:id:Zenyo:20210310143050j:image

 

 

液体トラックドライバーをやってみて

トラックドライバーをやりました。

たった10月から2月まで。

それで分かったことをまとめておきます。

この運送会社は大手でありそこら辺の

中小ではありません。大手ですらこんな風

なので更に中小だと大変だと思います。

 

下記に記す事は私の主観であり

この職業を卑下するものではありません。

私の荷物の種類は液化特殊輸送です。

バラ積み、ちゃぶりなどとは違いますので

ウィング車に乗りたい方の参考に

なりません。

 

仕事内容

定時7時から4時

液体の輸送。積み込み作業。卸し作業。

タンク洗浄。

 

液体の種類

キレート剤(重金属安定剤)

石鹸液

硫酸

リン酸

硝酸

タルクスラリー

IDL

酵素

 

作業内定

キレート剤(ギアポン)

自治体の焼却施設に行き卸す

焼却ゴミの中の金属にこの液体をかけて

金属に膜を作り埋め立てた時の土壌汚染しない

ようにするらしい。施設の人に聞いた。

 

石鹸液(ギアポン)

大手化学関係会社に行き卸す

シャンプーの材料や手洗い石鹸の材料

らしいのでいい匂いがした。

この荷卸しにはタンク洗浄がセットで

洗い、乾燥までするとおよそ3時間半

かかる。重労働。みんなやりたがらない。

 

硫酸、リン酸、硝酸(圧送)

耐酸のカッパ着用

半導体製作会社や小分け屋と

言われるお店に卸したり、染物屋に卸した。

硫酸の種類も98%や70%

の種類があり価格も桁違いらしい。

半導体を98%で洗い余分なハンダを切るみたい

その会社から硫酸を積み小分け屋や染物屋に

持って行った。再利用らしい。

リン酸は大きなプラントからでた廃リン酸を

小分け屋に持って行ったり構内で積み卸しした

硝酸は小分け屋に持って行った。誤って服に

かかると服がオレンジ色に変色した。先輩は

硝酸が1番危ないと言っていた。

 

タルクスラリー(相手ポンプ)

瀬戸の製陶屋からドロドロした白い液を

積んで大手製紙会社に卸した。卸すのに

コツが必要。何回も詰まったりした。

構内でタンク洗浄あり。

 

IDL(相手ポンプ)

ある工場から近隣のある工場に積んで

卸した。日により2回の時もあるが平均して

3回程。多い時は4回、5回とかある。

構内でタンク洗浄あり。

 

酵素(ギアポン)

薬品会社から酵素を積み飲料の原材料製作会社

に卸した。ビールなどの原料らしい。

液化と糖化がありそれぞれ粘土と卸し場が違う

タンク洗浄あり。

 

メリット

朝が早い分遅くても6時には終わるので自分の

時間がもてる。早いと2時に終わることも

ある。長距離とされる仕事は近場長距離なら

やり終いなので定時の2時を待たずに帰庫した

ら終わり。精神的に追い込まれることはない。

運転中は好きな音楽でも聴いて遅れなければ

良い。

仕事は覚えてしまえばやる事は変わらない。

朝日がきれい。

 

デメリット

朝が早い午前3時とか。

翌日の仕事が前日の夕方5時まで分からない。

土日の仕事は金曜の夕方5時に決まるので

土日休みたいなら申請が必須。さもないと

勝手に仕事になる。

危険物を扱うので漏らしたら大惨事。

環境事故になるし弁償もある。

高い物だと10トンで何百万の液体を運ぶ。

 

やってみて思った事。

給与に関して基本給が10万以下で無事故手当

など足して15万ぐらい。

そこに運行手当が乗り、総支給30万ぐらい。

運行手当は大体15万。なのでたくさん欲しい人は残業や日曜手当などで増やすしかない。

なので職場には独り身や結婚してても子供が

いない人が多かった。家族がいて休みが不定

で翌日の仕事が夕方5時にしか分からないのは

辛い。

先輩達にその事を聞いてもトラックドライバー

では当たり前だそう。異常だと感じた。

年末年始休みも手放しで喜べない。休みが

多いと運行手当が入らないので給与が減る。

なので日曜出勤して日曜手当を貰いたい方

ばかりだが仕事が薄いので歪み合いが多い。

私の入った会社で年間休日95日ぐらいだった。

私の入った化成班は扱う液体の種類が

とにかく多いし、ギアポンや圧送など卸し方も

車両により違うし、タンク洗浄もそれぞれ

手順が違う。キレート剤は卸す場所がたくさん

あり、各場所でルールが違うし覚えて

おかなくてはならない。

中でも石鹸のタンク洗浄は大変。

石鹸の原液なので洗えど中々泡がなくならない。

洗い終わったら乾燥して終わり。運行より

洗いの時間の方が多いぐらい。腰が痛くなる。

液体の積み中は監視業務と言っても

ただそこにいるだけ。冬は極寒。夏は暑い。

積込みの長い物だと1時間半ぐらい常に外。

トラックの中で待機はダメ。

卸し中も同じ事。卸すのは積むより速い事が

多い。

長距離運転中は何をやってるのだろうと

自問自答。

この日記をたまたまみてトラックドライバーに

なりたいと思う前に自分にできる事を考えた

方がいいよ。

先輩達曰く、トラックドライバーはいつでも

なれるから他にやれる事がある人はそれを

やってからでも遅くはない。と言っていた。

f:id:Zenyo:20210308094904j:image

(でも車庫から観る朝日はとても綺麗だった)

 

他にも色々な事があったけど全て書くのは無理です。

 

トラックドライバーの皆様をただただ尊敬

します。巷では送料無料などとありますが

彼等輸送のプロフェッショナルのお陰で

毎日があります。